第二新卒おすすめ転職サイト3選

退職時に菓子折りって必要?お菓子の渡し方と選び方

退職時の菓子折り事情

ちゃんみお

退職すると決まったけど、菓子折りどうしよう・・・そもそも必要な物なの?

退職するとき、わたしは「菓子折り」についてとても迷いました。

なにを持ってくか?他部署にもあげるのか?さっぱり分からない!

同じように迷う方は多いと思うので、本記事ではわたしの経験とともに、退職時の菓子折りについて紹介します!

そもそも退職時に菓子折りは必要なのか?

そもそも、退職するときに菓子折りは必要なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、菓子折りは必ず渡さなければいけないものではありません

 

慣習として渡す方が多いですが、明確に決まっているマナーではないので、菓子折りは渡さずに挨拶だけで済ませても大丈夫です。

もし配らなかったとしても「あの人お菓子くれなかったね!ありえない!」なんてことにはならないのでご安心ください。

ちゃんみお

むしろこんなマナーハラスメントをする人にはあげなくて正解です。笑

 

退職時に菓子折りを渡す目的は、おもに以下の3つがあげられます。

  • 今までの感謝の気持ち
  • 挨拶回りの話のきっかけ
  • 会社の慣習になっている

お互い気持ちよく辞めるために渡す人が多いですね。

「最後に波風を立てたくない」「良い印象で終わらせたい」という心理が大きいのではないかと思います。

退職時に菓子折りを渡さなくても問題ない場合

「それでも菓子折りを渡すか迷う」という方のために、渡さなくても問題ない場合をまとめました!

菓子折りを配る慣習がない

会社に菓子折りを配る慣習がない場合は、無理に用意する必要はありません。

中には、お菓子を配らないことを決めてる会社もあります。

どうしてもあげたいお世話になった人がいる時は、こそっと個別に渡しましょう。

契約社員・派遣社員で半年未満しか勤めていない

在職期間が半年未満と短い場合は、親しい人が少ないために菓子折りを渡さない方が多いです。

とくに契約社員や派遣社員の方で、正社員からの当たりが強かったりして「渡したくない」と思う方も。

こういう時は無理に渡す必要はありません。

職場の人間関係が悪い・ハラスメントが原因で退職を決めた

ハラスメントがひどかったり、人間関係が悪さが原因で退職を決めた場合は、菓子折りを渡す気にならないのではないでしょうか?

菓子折りはあくまでも任意です。

嫌な思いをさせられたのに、わざわざあげる必要はないですよ。

いつ誰に渡す?退職時の菓子折りを渡すタイミング

菓子折りは最終出社日(退職日)に渡します。

渡し方は大きく3パターンあります。

  1. 始業前に上司に渡す
  2. 夕方に挨拶回りをしながらひとりずつ渡す
  3. 給湯室などにメッセージと合わせて置いておく

ひとつずつ、菓子折りの渡し方も合わせて確認していきましょう。

始業前に上司に渡す

最終出社日の朝は、上司に「お世話になりました。今日で最後です。ありがとうございました~」的な挨拶をします。

そのタイミングで「ささやかですが、皆さんでどうぞ」と渡すパターン。

会社の規模が小さく、全員に行きわたるように渡せる場合におすすめの方法です。

 

そのまま受け取ってくれるか、逆に「挨拶回りして配ったら?」と言われるかどちらかだと思います。

いずれも上司の返答に合わせて配るのが一番いいと思います。

夕方に挨拶回りをしながらひとりずつ渡す

わたしは最終出社日の16時くらいに挨拶回りをしながら、ひとりずつ渡しに行きました。

この方法にした理由は、以前辞めた人がこの方法だったのと、朝礼などがなかったので挨拶するタイミングがなかったからです。

ちゃんみお

人数が多かったから結構大変だった・・・

でも、お世話になった人が多かったのでひとりずつ渡せてよかったな、と思ってます。

給湯室などにメッセージと合わせて置いておく

外出する人が多い会社やギリギリまで仕事がある方は、給湯室などにメッセージを添えて置いておくのもアリです。

メッセージは「お世話になりました。ささやかですが皆さんでいただいてください。(名前)」という感じでいいと思います。

この場合は、名前を書き忘れると「え、お菓子あるけど誰から?なになに?」となる可能性があるので要注意です!

菓子折りを渡す人数と範囲

菓子折りを渡す人数や範囲は、かなり悩ましいですよね。

  • 小さい会社なら全員?
  • お世話になった人だけ?
  • 自分の部署だけ?課単位?部単位?

正直、これは本当に人それぞれ。好みです。

 

ちなみにわたしは80人ほどに配りました。

ちゃんみお

一般的に0~30人くらいなので、かなり多かったですね

 

わりと大きい会社だったので、ワンフロアに総務人事本部(40人)と経理本部(40人)があったのです。

最初、自分の部署(人事部)だけでいいかなーと思っていたのですが、

  • 部長にあげて本部長にはあげないってどうなんだ?
  • 経理の人にもお世話になってるんだよなあ
  • しかも自分より前に辞めた人がワンフロア全員に配ってる

ということで、わたしもワンフロア全員に配ることにしたわけです。

 

渡す範囲は、自分の会社と以前退職した人のやり方によります。

ただし、人数が増えれば必然的に菓子折りの値段も上がるので、自分の予算も含めて考えましょう!

退職時の菓子折りの選び方

菓子折りを選ぶポイントは3つです。

  1. 安い
  2. 個包装
  3. 日持ちする

ひとつずつ見ていきましょう。

安い

予算は3,000円くらいのイメージ。

一般的に30人ほどに配る方が多いので、だいたい1人100円ですね。

少ない人数ならグレードを上げてもいいと思いますし、たくさんの方に配るなら安くて大量に入ってるものがいいでしょう。

ちゃんみお

菓子折りは「気持ち」なので、無理して高級なお菓子をあげる必要はないですよ

個包装

切り分けが必要なものは食べるのが大変なので、菓子折りは必ず個包装されたものにします。

八橋みたいに一袋に5つ入ってるようなお菓子もNG!

配りやすさや取りやすさを重視して選びましょう。

日持ちする

辞める時期によっては長期休暇手前だったり、渡したい人がお休みの場合もあります。

食べるタイミングは人それぞれなので、日持ちするお菓子を選びましょう!

退職時におすすめの菓子折り

菓子折りが買える場所は、ネット・大きめのスーパー・デパ地下です。

個人的にはネットで用意しておくのが楽だと思います。

 

ということで菓子折りを選ぶときのポイントをふまえて、おすすめの菓子折りを紹介します!

わたしはこちらの彩果の宝石を配りました。

選んだ理由はキラキラかわいいのに、いっぱい入ってて安かったからです。笑

挨拶回りで配るときに「どれにしようかな~」って選んでもらえるので話のネタにもなりますよ。

「値段は安いのに、ちゃんとしてる」ということで菓子折りに大人気のお菓子です!

もちろん味もおいしいです!

ひとつのボリュームが大きく、見た目がかわいいです。

クッキーなので、休憩中に食べてもらえたらいい感じですよね!

損しない!退職するときにやることリスト

退職手続きを進めてると思いますが、保険や年金などやり忘れはありませんか?

下記の記事にやることリストをまとめているので合わせてご覧ください!

関連記事  退職するまでにやることリスト|損しないための全知識