第二新卒おすすめ転職サイト3選

ストレングスファインダーで自分の天職を見つけてみる

あなたは仕事をしていて、「今の仕事は天職じゃない・・・」と思うことはありますか?

自分に向いていないなあ、このままでいいのかなあ、そんな風に思う方は多いはず。

 

実はこれ、自分の強みを活かしきれてないからなんです。

わざわざ自分の不得意な(向いてない)部分を使って仕事をしているからそう思ってしまうんですね。

だから、仕事を決めるときには自分の強みと弱みを知ることがとても大切なんです。

 

でも、実際に自分の強みや弱みってはっきり答えられますか?

意外と答えに自信がない方って多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがストレングス・ファインダーテストです。

ストレングス・ファインダーテストは自分の強みと弱みを客観的に教えてくれる診断テストです。

この記事では、わたしの強みTOP5と弱みTOP5も公開させていただきます。

正直、当たりすぎてびっくりしました。笑

 

自分の職場環境や仕事そのものに不満がある方、ストレングス・ファインダーでじぶんの才能に目覚めましょう!

ストレングス・ファインダーとは?

これは『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』という本の自分の資質を診断するテストです。

本に同封されているIDコードを使ってストレングス・ファインダーテストのウェブサイトにアクセスすると、診断テストを受けることができます。

診断すると、34の資質から自分の強みを5つ教えてくれます。

1,800円ほどですが、この価格で自分の強みと活用方法を知れるのはすごく価値のあるものだと思いました。

注意点

IDコードは一度しか使えません。

古本は使用済である可能性が高いので、新品を購入しましょう!

わたしのストレングス・ファインダー診断結果を公開!


では、実際にわたしが診断した結果を公開したいと思います!

本当に自分のすべてを見られているかと思うくらい当たっていてびっくりしました・・・

これを見ればわたしがどんな人間かよーーーくわかります。笑

ストレングス・ファインダーでの私の強みTOP5

わたしの強みはこのような感じでした。

  1. 最上志向
  2. 未来志向
  3. 戦略性
  4. 着想
  5. 共感性

ひとつずつ見ていきたいと思います!

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

これはもっともで、強みやいいところはどんどん伸ばしていこうという気持ちです。

とくに“わたしの強みを理解してくれる人と過ごす”というのは納得で、今わたしが好きな人たちはそれぞれの自分のいいところをのばしている人たちだと思っているし、わたしのことも認めてくれていると思って付き合っています。

というか、わたしの強みを理解してくれない人は、たいてい弱みを過剰に指摘してくるから一緒にいたくないですね、笑

 

逆に、自分の弱みはそのままでいいって思ってます。

だから、型にはめようとしてくる人たちは大嫌いです。

これは中学校、いやもっと前からそうだったと思います。

 

苦手なことをやらされたり、わたしの強みを最大限発揮させてくれない環境はいる意味がないと思っています。

だって、わたしが苦手なことをするよりも得意な人にやってもらった方がクオリティ高いし、逆にその人が苦手なことをわたしがやった方がお互いストレスもないからいいじゃないですか・・・

それぞれが強みを最大限活かせる場にいるのが理想形です。

未来志向

「もし・・・だったら、どんなに素晴らしいだろうなぁ」と、あなたは水平線の向こうを目を細めてみつめることを愛するタイプの人です。未来はあなたを魅了します。まるで壁に投影された映像のように、あなたには未来に待ち受けているかもしれないものが細かいところまでみえます。この細かく描かれた情景は、あなたを明日という未来に引き寄せ続けます。この情景の具体的な内容―より品質の高い製品、より優れたチーム、よりよい生活、あるいはよりよい世界―は、あなたの他の資質や興味によって決まりますが、それはいつでもあなたを鼓舞するでしょう。あなたは、未来に何ができるかというビジョンがみえ、それを心に抱き続ける夢想家です。現在があまりにも失望感をもたらし、周囲の人々があまりにも現実的であることがわかった時、あなたは未来のビジョンをたちまち目の前に呼び起こします。それがあなたにエネルギーを与えてくれます。それは、ほかの人にもエネルギーを与えます。事実、あなたが未来のビジョンを目に浮かぶように話すのを、人々はいつでも期待しています。彼らは自分たちの視野を広げ、精神を高揚させることができる絵を求めています。あなたは彼らのためにその絵を描くことができます。練習しましょう。言葉を慎重に選びましょう。できる限りその絵をいきいきと描きましょう。人々はあなたが運んでくる希望に飛びつきたくなるでしょう。

これも納得で、「今よりもいい世界」にすることがわたしの人生のテーマといっても過言ではありません。

世界と言っても、全世界という意味ではなくて(そこまでの力はない)、自分の人生や半径5mほどの世界です。

 

会社員時代も今より良くしよう(楽にする方法はないか?)と常に考えて働いていました。

会社は現状維持を選ぶ人が多すぎて失望をくりかえし、そのたびに未来を見てがんばりましたが「ここでは無理だ」と判断してやめました、笑

戦略性

戦略性という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは学習できるスキルではありません。これは特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。他の人には単に複雑さとしか見えない時でも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる?では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。そして、あなたは起こる可能性のある障害の危険性を正確に予測することができます。それぞれの道筋の先にある状況が解かることで、あなたは道筋を選び始めます。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。まともに抵抗を受ける道を排除します。混乱に巻き込まれる道を捨て去ります。そして、選ばれた道――すなわちあなたの戦略――にたどり着くまで、あなたは選択と切り捨てを繰り返します。そしてこの戦略を武器として先へ進みます。これが、あなたの戦略性という資質の役割です。問いかけ、選抜し、行動するのです。

わたしは自分の好きなことばかり選んでいる意識だったので、戦略性なんてないと思っていたのですが”行き止まりの道をあなたは切り捨てます”に妙に納得しました。

ずっと勉強してきたことも、このままいけば安定だというルートも、「わたしはこうでありたい」という道を反れそうになった(=いつか行き止まりになると思った)時点でばっさり切り捨ててきました。

そこからまた、やりたいことや興味のあること、その中でも自分の力が発揮できる道を選択しています。

着想

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか?着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

これは「常識をとっぱらって考える」という面で、わたしそのものだと思いました。

たしかにまったく関係ない事柄に共通点があると、からまったネックレスがほどけたときのすっきり気持ちいい感覚がめぐります。

物事の本質を知るのが好きなのは、なんでそうなっているか?を説明したいためなのかもしれません。

共感性

あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。本能的に彼らの眼で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。必ずしも一人ひとりの困難な状況を哀れむわけではありません――哀れむのは、共感ではなく同情でしょう。あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。そして、この本能的な能力は素晴らしい力を持っています。あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。あなたは、彼らが感じていることを表現するのを手助けします。この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

わたしは人の気持ちよくわからん、と思うことが多いので、これはあまり理解できないと思ったのですが・・・

”あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します”

この言葉がすごい納得でした。

言い換えれば、頭で理解はできるけど、「いや、こうじゃない?」「わたしはそうは思わんな~」と思うことも多いんですよね・・・

だから、人の気持ちがわからないわけじゃなくて、それを受け入れるかどうかってところなんだと思いました。

わたしの弱みTOP5

わたしの弱みはこちら。この説明と真逆の人間ということです。

  1. コミュニケーション
  2. 原点思考
  3. 回復志向
  4. 社交性
  5. 調和性

要約すると、

コミュニケーション苦手です。

過去は気にしません。

すべての問題が解決するとは思いません。

人にはなかなか心を開きません。

意見の衝突は仕方がないです、合わないなら関わるのはやめましょう。

って感じですね。笑

わたしと関わりのある方は納得だと思います。

 

というか「コミュニケーション」「社交性」「調和性」が弱みTOP5に入っているって、ここまでコミュ力ゼロの人間いるんでしょうか・・・笑

とくに調和性がどべというのは納得で、16Personalities性格診断でも「衝突と議論が好き」って出ていましたね。

【ENTP】性格診断したらサイコパスかと思う結果だった【16Personalities】

強みと弱みを知って、どう活用していくかが重要

強みと弱みを知って「ふーん」で終わってしまったら、とてももったいないです。

この自分の持っている才能を高めて、どうやって自分の人生に活用していくかが重要なんですよね。

無料の診断ツールはたくさんありますが、診断しっぱなしで結局それをどうやって活用していけばいいのかわからないものが多いです・・・

 

でもこのストレングス・ファインダーテスト

  • 強みはどうやったら一番いい形で活用できるのか
  • 弱みはどのようにしたら克服できるのか
これらが明確に記載されています。

わたしも熟読して、仕事に活かしていきたいと思います!

 

自分の仕事に不満がある方、もっと自分の能力を活用していきたい方、自分の思ってもみなかった一面を知りたい方、ぜひやってみてください!