第二新卒おすすめ転職サイト3選

SNS疲れがひどい…ストレスを感じてしまう原因と対処法

SNS疲れ

今ではほとんどの人が利用しているSNS。

投稿を見たり、知らない人と繋がれるのも楽しいですよね。

しかし最近ではSNSが悩みやストレスの種になり「SNS疲れ」に陥ってしまう人がとても多いです。

 

本記事では「SNS疲れ」をテーマに、ストレスを感じてしまう原因や対処法を紹介します。

SNS疲れとは?

「SNS疲れ」とは、SNSなどでのコミュニケーションによって気疲れしてしまうことを指します。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • mixi など

SNSはあらゆる媒体がありますよね。

その名称を使ってTwitter疲れやLINE疲れという言い方をすることもあります。

SNS疲れに陥ってしまう原因

SNS疲れに陥ってしまうのはなぜなのでしょうか?

原因をひも解いていきます。

リア充と比べて自分の人生がむなしくなる

他人のキラキラした投稿を見てへこむ人は多いようです。

  • ブランドのバッグいいな
  • わたしもホテルのディナー行きたい
  • ウエディングドレスがうらやましい

嫉妬心がうずまいてそんな自分にまたイライラする方も。

いいねやフォロワーの数にこだわってしまう

リアルで生活している分には気になることはありませんが、SNSはいいねやフォロワーの数が明確に数字として表れてしまいます。

友人よりもフォロワーやリアクションが少ないなど、過剰に気にしてしまう人は多いです。

リアクションをしなければならないプレッシャー

  • 友人の投稿すべてにいいねをしないといけないという義務感
  • LINEで「既読」がつくことによって返信しなければならないと思う

いいねやコメントがプレッシャーになることは多いです。

リアクションが来ない恐怖心

  • 友人からフォローが返ってこない
  • 自分の投稿にいいねが来るか気になって何度も確認してしまう
  • 友人がTwitterでつぶやいてるのにLINEの返信が来なくて気になる

逆にリアクションが来ない恐怖心を感じる人もいます。

SNS上の人間関係に疲れた

  • 批判やアンチが怖い
  • 上司からのいいね攻撃に疲れた

SNS上の人間関係に悩む人は多いです。

文字だけな分、誤解を与えてしまいトラブルになることも。

 

今や人と人がつながるというより批判やアンチに一生懸命になる人も増えました。

とくにFacebookは実名ゆえに考えすぎてなにも書けなくなってしまう人もいます。

情報を見落とす恐怖心でSNSに入りびたってしまう

  • 乗り遅れるのがこわい
  • 自分が知らないところで人が盛り上がるのが嫌

自分の見落としによって集まりに呼ばれず、それがSNSの投稿で判明した、とか。

その集まりでどんな話が行われてたんだろう・・・と考えすぎてSNSに疲れてしまう人もいるようです。

見たくない情報も目に入ってしまう

  • 延々と職場のグチ投稿
  • 映画やドラマのネタバレ
  • だれかを攻撃しているコメント

とくにタイムラインにマイナスの言葉がつらつら並んでいると、気持ちが滅入ってしまうことがありますよね。

わたしがまさにこれで、見る前までは最高な1日だったのに見た瞬間もやもやしてしまうことは結構あります。

映える写真を撮るのが疲れる

とくにInstagramでは、いちいち映える写真を撮ったり加工することに疲れる人もいます。

友人や恋人がSNSに熱心すぎて、撮り終わるまでごはんが食べられないとかもありますよね。笑

キャラ作りに疲れた

  • キラキラな自分
  • おもしろいキャラ など

フォロワーが増えるほどそのキャラを求められるので、だんだん演じることに疲れる人もいます。

ストレスフリーへ!SNS疲れの対処法

SNSを使い分ける

  • Twitterは広く浅い関係の人
  • Facebookは家族と仲の良い知り合いのみ

こんな感じで、自分で使い分けをしましょう。

アカウントが複数作れるSNSは趣味垢、リア垢、情報収集垢など分けてもいいと思います。

自分が疲れないフィールドを作っておくのがおすすめです。

SNSを使う時間を決める

自分であれこれ調べてSNS疲れに陥ってしまう人は多いと思います。

そんな方は自分の中でコントロールが必要です。

  • 寝る前の5分だけ
  • 通勤時間とお昼休憩しか見ない

使う時間を決めることで余計な情報が目に入らずに済みます。

思い切ってSNSから離れてみる

一時的にSNSから離れてみるのもいいと思います。

SNSはあくまでもコミュニケーションツール

人生のすべてではありません。

疲れたらしばらく離れて、またやりたくなったらログインすればOKです。

一度距離を置いてみることをおすすめします。

うまく使えば全世界と繋がれる楽しいツール

SNSは全世界とコミュニケーションがとれる素晴らしいツールです。

好きな芸能人が返信をしてくれたり憧れの人がフォローしてくれたり、昔は不可能なことがかんたんにできてしまいます。

自分がストレスを感じない程度に楽しめるといいですね。