第二新卒おすすめ転職サイト3選

「先取り貯金」の正しいやり方。貯金の基本をマスターしよう!

貯金って苦手なんだよなあ・・・うまくいった試しがない

病気や結婚資金などのために、そろそろ貯金をしたい!と思っている方は多いのではないでしょうか?

こんな方には先取り貯金がおすすめです。

先取り貯金のやり方

  • 給料日に貯金額を貯金用口座にうつす
  • 残ったお金で1か月やりくりする
  • 目標に到達するまで貯金には手をつけない

先取り貯金のやり方はシンプルですが、なかなかうまくできず失敗に終わる人も多くいます。

先取り貯金を成功させるためには、貯金を使えなくする仕組みをつくることが大切です。

本記事では、自動でお金が貯まっていく先取り貯金の正しいやり方を解説します。

本記事はこんな人におすすめ!
  • 貯金がうまくいかない
  • お金をかんたんに貯めたい
  • 先取り貯金のやり方が分からない

先取り貯金とは?

先取り貯金

先取り貯金とは、収入が入ったら先に貯金額をとっておき、残りの額でやりくりして生活することです。

貯金額には絶対に手をつけないようにします。

 

先取り貯金は「一人暮らしでも年間100万円以上の貯金に成功した3つの方法」でも書いたように、貯金の基本です。

この記事でしっかりマスターしましょう!

貯金用口座と生活費用口座を用意する

先取り貯金をはじめる前に必ずやらなければならないのは、貯金用と生活費用の2つの口座を用意することです。

貯金用口座はどの金融機関でもいいですが、生活費口座はよく出し入れするのでATM手数料無料の銀行を選びましょう。

時間外のたびに手数料払うのはもったいないです!

memo

口座は3つ以上に増やしてもいいですが、管理は大変になるので貯金に慣れてから分けるのがおすすめです。

2つに分けるのは、自動で貯まる仕組みをつくるためです。

以前のわたしもそうだったのですが、貯金がうまくいかない人は「いざとなったら貯金を使えばいい」と潜在的に思ってることが多いんですよね。

しかし、それは甘えにつながります。

 

いざとなったらの「いざ」の回数がどんどん増えて、困ったらすぐ貯金に手を出し、いつの間にかなあなあになってお金が貯まらないのがオチです。

ちゃんみお

昔のわたし・・・

 

なので、いかに貯金は元からないものとして扱えるかが重要なんです!

甘えが出やすい人ほど、貯金を使えなく、見えなくする仕組みをつくりましょう。

貯金を使えなくする仕組みをつくる

貯金は元からないものとすることが先取り貯金成功の秘訣です。

それをかんたんに実現する方法は、貯金用口座はキャッシュカードをつくらないことです。

 

キャッシュカードがないということは、お金を引き出す手段は通帳と印鑑を持って銀行窓口に行くしかありません。

15時までに銀行窓口に行って、いちいち用紙を記入して印鑑を押して手続きをしてもらう必要があります。

 

・・・すごくめんどくさい!

でも、この「かんたんに引き出せないめんどくささ」が突発的な出費を抑えてくれるので、結果的に貯金につながります。

 

しかも、入金については通帳だけあればATMでできます。

つまり、お金を出すのは大変だけど入れるのはかんたんという状況をつくれるんです!

通帳は「いくら貯まった」というのが目に見えてわかるので、モチベーションを保つのにも最適です。

 

ひとつ注意点としては、引き出す基準(目標額)は明確に決めておきましょう。

たとえば旅行、大きな買い物、冠婚葬祭で引き出しOKとする、などです。

明確に決めておかないと引き出して使ってしまうおそれがあるからです。

 

定期預金や財形はある程度(50万円くらい)貯まってからやるのがおすすめです。

病気や事故など、突発的にお金が必要になることってやっぱりあるので、手元にまったくお金がない状態は避けた方がいいかと思います。

memo

貯金用口座でもうキャッシュカードをつくってしまった人は、キャッシュカードを財布に入れずに家で保管しておくことで同じような状況をつくれます。

先取り貯金の正しいやり方まとめ

先取り貯金にすこし強制力を持たせるだけで、お金はかんたんに貯まっていきます!

とは言っても、貯金を引いたあとの残りのお金のやりくりを工夫しなければ、貯金に手を出してしまう可能性は大いにあります。

次の記事を読んで、自分の支出が最適なものか見直してみてくださいね。

関連記事  一人暮らしの生活費内訳|都内在住の毎月かかる費用と貯金額

 

「先取り貯金に何回も試みたけどお金が貯まらない」という方は、貯金できない体質かもしれません。

以下の記事にお金が貯まらない理由を書いたのでご覧ください。

関連記事  お金が貯まらないのはなぜ?貯金できる人とできない人の決定的な違い