saketakuで希少な日本酒をゲットする

日本酒を買う前に自分好みの味か知る方法!「日本酒度」「酸度」に注目しよう

自分好みの日本酒

僕は端麗辛口の日本酒が好きだから、端麗辛口の日本酒を買いたい。

買う前に自分好みの味か知る方法ってないの?

こんな風に思うことってありませんか?

 

やっと飲み慣れてきて自分好みが分かってきたら、なるべく自分に合った日本酒を買いたいですよね。

しかし、試飲できないお店やネットだと味がわからないのでどれにすればいいか迷います。

 

そんなときに自分好みか判断する方法は、ラベルに書いてある「日本酒度」と「酸度」という2つの項目を見ることです!

実は、この2つで日本酒の味わいの傾向はわかるようになっています。

これを知っておけば「買ってきたのを飲んでみたけど、辛口好きなのに甘口だった・・・」なんてことも避けられます。

 

今回は、自分好みの日本酒かどうか簡単に知る方法をご紹介します。

味覚には個人差があるのであくまでも目安にはなりますが、知っておいて損なしですよ!

「日本酒度」は甘辛度の目安になる

ひとつ目の「日本酒度」は、辛口か甘口かを判断する目安になるものです。

日本酒度の数値はマイナスの値が大きくなるほど甘く、プラスの値が大きくなるほど辛く感じると一般的には認識されています。

 

日本酒度とは日本酒の比重を表したもので、水を±0として比重が重いものはマイナス、軽いものはプラスで表します。

つまり、日本酒度のマイナス値が大きいと糖分やエキス分が多く含まれているので甘口、逆にプラス値が大きいと糖分やエキス分が少ないので辛口だと分かるのです。

 

たとえば、こちらの日本酒。

日本酒度-14なので相当甘口の日本酒だということがわかります。

ちゃんみお

本当に甘々なお酒でした・・・!

「酸度」は濃淡の目安になる

ふたつ目の「酸度」は、味の濃淡を判断する目安になるものです。

酸度の数値は高い方が味が引き締まり辛く濃く感じ、低い方が甘く淡く感じると言われています。

 

酸度は、乳酸・コハク酸・クエン酸・リンゴ酸などの酸の量を表したものです。

これらの酸は日本酒の製造過程で麹やお米、酵母から発生します。

酸度の平均値は1.3程度で、日本酒度が同じならば酸度が高いと辛く濃く、低いと甘く淡い味わいになります。

日本酒度×酸度で味わいの傾向が分かる!

日本酒がどんな味わいなのかは、日本酒度と酸度の図を見るとかんたんに知ることができます。

日本酒の味わい
  • 濃醇・甘口:酸味と糖分が多く、コクがあってまろやか
  • 淡麗・甘口:酸味と糖分が少なく、さっぱりとしてまろやか
  • 濃醇・辛口:酸味と糖分が多く、コクがあってキレがある
  • 淡麗・辛口:酸味と糖分が少なく、さっぱりとしてキレがある

ちゃんみお

中心に近いと「バランスの良いお酒」と言われてることが多いです

「日本酒度」「酸度」に注目しよう

日本酒度と酸度はあくまでも目安ですが、味の予想がしやすくなるので日本酒を買うときにはかなり役に立つと思います。

用語が難しいし…と敬遠しがちなところですが、知っていると大きく日本酒の世界が広がります!

初心者おすすめ日本酒 初心者向け日本酒7選|超飲みやすいものだけを厳選!