saketakuで希少な日本酒をゲットする

【福祝 純米吟醸 山田錦50】味わいは?香りは?少量生産の縁起のいい日本酒

福祝 純米吟醸

先日『福祝 純米吟醸』をおみやげでいただきました!

とてもおいしかったので、本記事では藤平(とうへい)酒造の『福祝 純米吟醸』をレビューしていきます!

福祝 純米吟醸|ラベル

藤平酒造は千葉県の久留里(くるり)というところで酒造りをしています。

久留里は、平成の名水百選にも選ばれる「久留里の名水」が湧き出る町。

そのおいしいお水で福祝は造られています。

 

造り手はたった3人だけ!

1本1本ていねいに手造りされています。

全国新酒鑑評会では、金賞7回、入賞2回を受賞している実力のある酒蔵です。

福祝は七福神の「福」をとり、めでたさが重なるという意味で命名されました。

 

今回いただいたのは「福祝 無濾過純米吟醸」

無濾過は非常にデリケートなお酒なので、

  • 冷暗所に保管
  • 開封後は早めに飲む
と注意書きが書いてあります。

福祝 純米吟醸のデータ

名前   :福祝 純米吟醸
蔵元   :藤平酒造合資会社(千葉県君津市)
原材料  :米(播州山田錦)、米麹
タイプ  :純米吟醸酒
日本酒度 :非公開
酸度   :非公開
アルコール:15~16度
精米歩合 :50%
サイズ  :720ml or 1.8L

福祝 純米吟醸|香りと味わい

今回は香りがよくわかる形状のグラスでいただきました。

 

無濾過なので、開けたらプシュっと酸があふれる音がしました。

色は水のように透明。

口に近づけるとメロン、バナナ、洋ナシのような果物のフレッシュな香りがします。

 

飲むと甘みの中に、苦みと渋み?を感じました。

後味はサッパリで、全体的にみずみずしい印象。

とてもバランスがいいですね。

温度は、常温かすこしだけ冷やすのがおいしいです。

 

お鍋といただいたのですが、いい感じに口の中をすっきりさせてくれます。

おそらく大体の食事に合いそうですが、ブリのお刺身、煮つけなどが

淡白なものより味わいの濃いものがいいな~と思いました!

福祝 純米吟醸|まとめ

福祝は「【お正月の日本酒】1年のはじまりを縁起よく迎えるための銘酒5本!」でも紹介したように、名前がおめでたいのでお正月にもよく飲まれています。

新年、なにを飲むか迷われている方はぜひいただいてみてはいかがでしょうか?

お正月の日本酒 【お正月の日本酒】1年のはじまりを縁起よく迎えるための銘酒5本!