saketakuで希少な日本酒をゲットする

秋の日本酒「ひやおろし」とは?秋の味覚と旬を楽しもう!

ひやおろし

秋においしい日本酒ってある?

日本酒は季節によって楽しめるお酒なので、気になるところですよね。

実は食欲の秋、スポーツの秋とならんで日本酒の秋と言えるほど日本酒好きにはたまらない季節です。

 

秋の日本酒といえば、ズバリ「ひやおろし」

秋の味覚とも相性バツグンなんです!

 

今回は、

  • 秋の日本酒「ひやおろし」とは?
  • ひやおろしの解禁日は?
  • ひやおろしと相性のいい料理

を解説します。

ちゃんみお

秋を堪能しよう!

秋の日本酒「ひやおろし」とは?

ひやおろしとは春にしぼったお酒を一度だけ火入れして、ひと夏貯蔵し、2度目の火入れをせずに秋に出荷する日本酒です。

フレッシュ感を残しつつも、ひと夏こえることで熟成されてバランスのとれた味わいになります。

 

火入れってなに?という方は「生」のつく日本酒、一般的な日本酒とは何が違う?【本生/生酒/生貯蔵/生詰め】をご覧ください。

生詰めのことについても紹介してるのですが、ひやおろしと生詰めは同じです。

ちゃんみお

「秋の日本酒=ひやおろし」と思っておけばOK!

ひやおろしの解禁日は9月9日!

ひやおろしの解禁日は9月9日です。

解禁日は日本酒造青年協議会により提言されました。

毎年9月9日(重陽の節句)を「ひやおろし」の発売日(解禁日)とし、日本酒業界全体で統一して推進することを提言する。

と言っても義務ではないので8月末から出しているところもありますよ!

 

でも個人的には8月なんてまだまだ暑いし、秋の食材も微妙な時期なので涼しくなってきたくらいから楽しむのがいいかなぁって思います。

夏は夏のお酒を、涼しくなってきたらひやおろしを。

ちゃんみお

ぜひ季節感を楽しんでほしいです♪

ひやおろしは熟成度合によって呼び方が変化する

ひやおろしが出回るのは9月~11月。

同じひやおろしでも月を追うごとに味わいが深まっていくので、熟成度合によって呼び方を変えています

ちゃんみお

日本人らしいというか、風情があっていいですよね

夏越し酒(なごしざけ)

秋らしい涼しい風が吹き始めた時期に出回るひやおろしを「夏越し酒」と呼びます。

ひやおろしの走りの味わい。

ひと夏こえたことで苦味や渋味がやわらぎ、濃厚な中にも軽快さとまろやかさを合わせ持っています。

秋出し一番酒(あきだしいちばんざけ)

秋も深まる10月ごろのひやおろしを「秋出し一番酒」と呼びます。

9月よりも熟成されて、まろやかさと味の深みが増しています。

味のノリ、香りとのバランスが良いのでひやおろしの中でも一番飲みごろ

晩秋旨酒(ばんしゅううまざけ)

11月になり、いよいよ満を持して登場するのひやおろしを「晩秋旨酒」と呼びます。

豊醇さ、濃密なとろみが特徴!

ひやおろしの中でもじっくりと熟成された味わいです。

秋の日本酒「ひやおろし」と相性バツグンの料理

ひやおろしのふくよかな味わいは秋の味覚と相性バツグンなんです。

相性のいい料理をいくつか紹介しますね。

ちゃんみお

飯テロ注意です!

さんまの塩焼き

秋といえば「さんま」ですね。

脂の乗ったさんまはひやおろしと相性バツグンです!

ナスのおひたし

秋ナスの旬は9月~10月ごろまで。

皮がうすく柔らかいので、お出汁でひたひたにしていただいてください!

お鍋

すこし涼しくなってきたら、熱々のお鍋を!

秋鮭ときのこのお鍋は、ひやおろしと最高に合います。

3か月限定!秋の日本酒「ひやおろし」をいただこう

たった3か月しか出回らない日本酒ですが、月ごとに変わっていく味わいは本当におもしろいです。

ちゃんみお

季節を楽しむお酒とはまさにこのこと!

ぜひ秋の日本酒「ひやおろし」を楽しんでみてくださいね。