saketakuで希少な日本酒をゲットする

日本酒が属する「醸造酒」ってどんなお酒?焼酎やワインと何が違う?

醸造酒

そもそも日本酒ってどういうお酒なの?

日本酒は「お米が原料のお酒」ということは知っていても、焼酎やワインとなにが違うのか知らない方も多いのではないでしょうか?

 

お酒は大きく「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3つに分類することができます。

焼酎は「蒸留酒」、ワインと日本酒は「醸造酒」なので、意外にもワインの方が近い関係にあるんですね。

 

今回は、

  • そもそも日本酒はどんなお酒?
  • 醸造酒ってなに?
  • 焼酎やワインとの違いは?

について解説していきます!

日本酒は「醸造酒」に属するお酒

まず、「お酒」とひとくちに言ってもいろいろありますよね。

  • 日本酒
  • ビール
  • ワイン
  • ウイスキー
  • 焼酎
  • ブランデー
  • 梅酒

これらはおおきく3種類に分類することができるんです。

お酒の分類「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

お酒は大きく醸造酒、蒸留酒、混成酒の3種類に分類されます。

  • 醸造酒:日本酒、ワイン、ビール
  • 蒸留酒:焼酎、ブランデー、ウイスキー
  • 混成酒:リキュール類

これらは原材料だけでなく、つくり方もアルコール度数も大きく異なります。

ちゃんみお

日本酒は意外にも焼酎よりもワインやビールに近いんですね!

醸造酒は、穀類や果実などの原料を発酵させただけでできるお酒です。

すごくシンプルで、原料そのものの味わいがダイレクトに反映されます。

アルコール度数は比較的低め。

 

蒸留酒は、醸造酒を蒸留してつくられるお酒です。

蒸留とは?

発酵させたアルコールを含む液体(もろみ)を熱して、蒸発した気体を冷やして再び液体にすることです。

こうすることで、よりアルコール度数の高い液体(お酒)をつくり出すことができます。

だからウイスキーやブランデーはアルコール度数が高いんですね。

 

混成酒は、醸造酒や蒸留酒に薬草、果実、甘味料、エッセンスなどを加えたものです。

日本酒の蔵でリキュールをつくるところは意外と多いのですが、つくり方を考えてみると決してめずらしいことではないことがわかります。

同じ醸造酒でも発酵方法は異なる

日本酒、ワイン、ビールは同じ醸造酒です。

でも、つくり方はまったく同じか?と言われるとそうではなく、発酵方法にちがいがあります。

ワインは原料のぶどうに糖分がすでに含まれているため、そのまま発酵することができます。(単発酵)

しかし、日本酒やビールには原料の穀物に含まれるでんぷん質をまず糖分に変えてあげる「糖化」の作業が必要になります。

ビールは糖化と発酵は別々に、日本酒は糖化と発酵が同じタイミングで行われます。

ちゃんみお

日本酒の並行複発酵は、世界でもかなりめずらしい発酵方法なんですよ!

日本酒は糖化と発酵を同じタイミングで行う

同じタイミングでやるって聞くとなんとなく一気にできるような気がしてしまいますが、実はすごく複雑な工程をふむ必要があります。

STEP.1
お米をとぐ
原料のお米をといで綺麗にします
STEP.2
麹をつくる
糖化に必要な菌を増やします
STEP.3
酒母をつくる
発酵のはじまりに必要なものです
STEP.4
酒母に麹や蒸し米、水を仕込む
3回に分けて行います
STEP.5
発酵させる
 まんべんなく糖化と発酵が進むようにします

繊細で緻密な日本酒造り。

これによって、奥深い香りと味わいを生み出しているんですね!

初心者おすすめ日本酒 初心者向け日本酒7選|超飲みやすいものだけを厳選!