第二新卒おすすめ転職サイト3選

一人暮らしの生活費内訳|都内在住の毎月かかる費用と貯金額

お金

一人暮らし結構しんどいんだけど、みんなどんな感じで生活してるんだろう?

一人暮らしの生活費の内訳がどの程度か気になる方は多いと思います。

貯金も大変ですし、実家のありがたみがよくわかりますよね。笑

 

わたしは残業なしで手取り18万円ほど(社会人2年目)でしたが、都内に住んでいても年間100万円の貯金をすることができました。

だからといって切羽詰ってやっていたわけではありません。

節約自体を楽しんでいましたし、10日間の海外旅行やフェスにも行ってました。

 

本記事では、そんなわたしの一人暮らしの生活費の内訳を赤裸々公開します!

一人暮らしでの生活費内訳と節約のコツ

まずわたしの前提を書いておきます。

前提

  • 東京23区内在住
  • 手取り約18~22万円

手取りなので、保険料や税金は引かれた後です。

残業なしだと18万円、残業したらそれ以上と思ってもらえればと思います。

 

生活費の内訳を一覧にするとこんな感じ。

項目費用
食費15,000円
家賃(管理費込み)68,000円
水道光熱費10,000円
日用品4,000円
美容代5,000円
交通費3,000円
交際費・趣味25,000円
固定Wi-fi3,000円
スマホ2,000円
生活費合計135,000円
貯金額45,000~60,000円

以下ではそれぞれの項目での細かい話や節約のコツを書いています。

食費:15,000円

あまりコンビニごはんが好きではないのと、料理がそこそこに好きという理由からほとんど自炊をしていました。

朝ごはんはほとんど食べないので、お弁当と夜ごはんを作ってましたね。

これは徹底してやってました。

 

食費は毎日発生するものなので、細かく分けて考えるのがおすすめです。

  • 月15,000円
  • 1週3,500円
  • 1日500円

とすると、ちゃんとやりくりしないと達成できないことがよくわかると思います。

1週間分のお金だけ財布にいれておくのが、わかりやすくておすすめです!

関連記事 一人暮らしの食費節約術!1万5千円に抑える具体的な方法

家賃:68,000円(管理費込み)

家賃は収入のわりに高かったです・・・

ちゃんみお

手取り18万円なので本来は54,000円くらいが妥当ですね

 

地方出身だと寮に入れるのですが、わたしは規定に届かず・・・

でも片道1時間半も通ってられないので一人暮らしを選択しました。

 

そのかわりに13畳くらいあるワンルームだったので快適でしたし、ヨガや筋トレも家でできたのでそれはそれでよかったです。

東京でも50,000円くらいの物件はあるので、時期をずらしたりして慎重に選ぶことをおすすめします。

水道光熱費:10,000円

  • 水道:4,000円(2か月分)
  • 電気代:2,000~4,000円
  • ガス代:2,000円

電気代は夏・冬がエアコンで高いのでまあだいたいこれくらいですね。

ちなみにIHでしたが、毎日自炊をしてもそこまでかからないものなんだなと思いました。

日用品:4,000円

洗剤とかシャンプーとかです。

安いときにうまく買いだめすれば一切ない月もあります。

美容代:5,000円

少なすぎん?!と思うかもしれませんが、これはストッキングやリップクリーム、日焼け止めなど最低限のものだけです。

美容室代はカットモデルをしていたのでかかっていません。

 

服や化粧品は貯金をしてから買うシステムにしていました。

浪費にならないように本当に欲しいかよく考えて買うようにしています。

交通費:3,000円

仕事は定期で通ってたので、出かけるとき用です。

都内なのでほとんどかかりませんでした。

交際費・趣味:25,000円

変動費の中でこれが一番高いです。

遊ぶために他をがんばる!みたいな感じでメリハリをつけてました。

 

わたしは日本酒が趣味なので、友達との飲み=趣味って感じでしたね。

8,000円×月3回を目安にしていました(いいお店に行きたい)

固定Wi-fi:3,000円

マンション自体で安く使えるように契約してくれていたので、速くて安くてありがたかったです。

家を契約する前にWi-fiも確認してみるといいと思います!

スマホ:2,000円

スマホはもちろん格安SIMです!

わたしは「BIGLOBEモバイル」を使っています。

 

家や会社にはWi-fiがあるので、音声付き3GBのプランで探していました。

正直どこでもよかったのですが(笑)契約するときに安いキャンペーンがあったのが決め手となりました。

ちゃんみお

結果的にかなりよかった!2年使ってますが不満はありません

 

回線も早いですし、よくキャンペーンをやっているので迷ってる方はおすすめです!

よく動画を見る方は、月480円でYouTubeなどが見放題のプランもありますよ。

関連記事 biglobeモバイルにして年6万円の削減に成功!格安SIMで楽ちん貯金

貯金:45,000円~60,000円

手取り18万円なので、貯金は最低でも45,000円はするようにしてました。

自分の手取りに対する貯金額がわからない方は「消費・浪費・投資の違いとは?お金が貯まる支出の黄金比率」をご覧ください。

 

残業代はないものとして貯金にまわしてました。

ただし60,000円を超えた分は自由に使っていい決まりにしてたので、残業がんばった月はたくさん遊んだり、服を買ったりしてましたね。

 

これだけだと年間100万円貯金は厳しいので、賞与でも貯めるようにしていました!

「一人暮らしでの生活費内訳」まとめ

惜しげもなく赤裸々に書かせていただきました。

「きつそー」と思うかもしれませんが、私生活をがんばるかわりに月3回おいしいものを食べたり、長期休暇は旅行にいったりとメリハリをつけることが大切です!

合わせてCHECK

100万円貯金 一人暮らしでも楽に年100万円以上貯金できた3つの方法 違い お金が貯まらないのはなぜ?貯金できる人とできない人の決定的な違い Amazon 【コスパ最強】Amazonプライム会員ができること【サービス12個】