第二新卒おすすめ転職サイト3選

【安定か挑戦か】24歳女が新卒入社した大企業を退職しました

決断

このまま今の会社で働いていていいのかなあ、と思うことはありませんか?

好きなことができていない、もっと違うことに挑戦してみたい、こんな悩みをかかえている方は多いと思います。

じつは、わたしも同じような悩みをずーーっとかかえていました。

そして悩みに悩んだ結果、新卒で入社した会社を2年3か月で退職しました。

 

わたしの勤めていてた会社は東証一部上場の大企業だったので、福利厚生も充実していたし、ある程度お給料ももらえる、いわゆる安定企業です。

でも、結果的にわたしが選択したのは「退職」でした。

 

本記事では、安定を捨ててまでわたしが退職を決めた理由や葛藤についてお話していきます。

ひとりの身近な経験者として見ていただけたらと思います。

働くってどういうことだろう?社会人になってからずっと考えていた

わたしがこの会社を志望した理由

そもそも入社当初からずっと同じ会社にいる気はありませんでした。

好きでやりたいことができたらいつか転職するんだろうなあ、そもそも転職もせずフリーランスになるかもしれないなあ、なんてばく然と考えていました。

 

なので、この会社を選んだ軸としてはこの3つでした。

  • みんな人が良さそう
  • それなりに安定してる
  • 結婚・出産・育児となっても働ける

この会社でこの仕事をしたいんだ!みたいな熱い思いはなくて「やりたいことも決まってないし就職するか~結婚するかもしれないしとりあえず大企業にしとこう」ってそんなところです。

 

大学時代はベンチャー企業でバイトをしていたのですが、仕事は楽しくありつつもやっぱり出産・育児をするとなるとしんどそうだなあと感じていました。

ベンチャーは人が少ないですし、整備されてないところが多いですしね。

いつか子ども欲しいな~って気持ちもあったので、そこは無視できず。

それならちゃんと時短などしてる人もいる大企業に入っておくか、というところです。

 

実際に入社してみてもわたしの目に狂いはなく、いい人ばかりでした。

サポートしてくれる方や時短で働いてる女性も多くてとても働きやすかったです。(たまーに嫌な人はいたけど笑)

ルール、ルール、ルール、窮屈な人事の仕事

そんな無気力な理由で入社したわたしですが、配属された人事部での仕事はとてもおもしろく、やりがいのあるものでした。

しかし、それも最初のうちだけでした。

 

人事は社内制度を大きく変えることができるし、会社を裏で引っぱっていくような部署です。

逆に言えば、責任を強く求められる仕事で、細かなミスも許されないためか「規則」「ルール」が基本(だれもが納得する完璧な規則なんてないんですけどね)

お金や法律にかかわるところはちゃんとやらなければならないですが、本当に細かいありとあらゆるものにルールがありました。

 

別にルールがあるのは良いことですが、度をすぎれば毒になります。

人事が送る社内メールはこうしなければならない、みたいなくだらないルールがあって、ただの社内メールや資料の言い回しを10回以上修正されたりとそんなことが非常に多かったです。

しかも暗黙のルールなのでマニュアルがあるわけではなく、判断基準は上司が納得いくか、いかないか

 

一番ひどかったのは、社内メールの承認を4か月出してくれなかったことです。(まだスケジュールに余裕があるからと後回しにされた)

はやめに準備して動いていたのにこういうことをされると「もうどうでもいいよ、修正するから全部あなたが直して」っていう気になってくるんですよね・・・

 

あとはおそらく皆さんが想像してる以上に書類作業が多いこと。

いわゆるルーチンワークがメインなので、それはそれは毎日同じことのくり返しでした。

だれのために働いている?なんのために働いている?

人事は、従業員が最大限パフォーマンスを発揮できるような制度をつくって、それが結果として会社の利益につながる仕事だとわたしは思っていました。

 

でも実際にやっていたのは、

上司の指示でつくらされる従業員から文句を言われないために先回りしてつくる資料。

ちゃんと人事は従業員のこと考えているからこの福利厚生導入したんですよ~とアピールするようなメール。

 

こんなことをくり返していくうちに、従業員(会社)のために働いているのではなく、上司の(評価の)ために働いている感じるようになりました。

なので「社会貢献できてる!やりがいで満たされてる!」なんてこともなく・・・

「こんなこと、あと40年もやるの?」

すごく息苦しくなって、わたしのやる気はどんどん落ちていきました。

ベンチャー企業とのギャップ

ベンチャー企業で2年間働いていたので、そのギャップにやきもきすることも多かったです。

ベンチャーの圧倒的なスピード感に対して、小さなこともぜんぜん決まらない大企業。

社内メールすら送れないし、なにか新しいことをするとなると何人もの許可が必要でした。

自分で動いて決めれた!やり遂げた!みたいな達成感も頭を使ってる感じもなくて、それもわたしのやる気を低下させていきました。

 

それでも意識改革していきたいと思いましたが、役員が「書類が多いなんてそれほどたいした問題じゃない」って感じで。

大企業は入社してから転職をしたことがなく、ずっと同じ会社で生きてきた人が大半なので他の価値観や考え方を知らないんですよね。

正直「トップがこれじゃもうだめだこの会社」って思いました。

ずっと自分とは違う価値観になじめなかったですし、人の考えを変えるのは本当にむずかしいことだと感じました。

 

ベンチャーも大手もどちらもいいところと悪いところがあって、仕事選びは一発でぴったり合うことなんてないということを身をもって体感しましたね。

楽しい土日と憂鬱な月曜日の朝

やる気がなくなってからは、平日は消化試合。

いかにはやく終わらせて定時に帰るか?定時後なにをしよう?土日はなにして遊ぼう?

わたしのモチベーションはただそれだけでした。

 

でも、やっと土日になってもあっという間に月曜日。

日曜日の夕方には憂鬱モードです。

「また月曜日だ・・・」

精神衛生上よくないし、仕事ってもっとおもしろいものだったはずなのになあ、と心が枯渇しているような感覚でした。

 

わたしは仕事をサボりたいとかしたくないわけではなく、むしろ大好きです。

でもプライベートも大切だから、時間内は全力を出します。

働く時間は長いので意味のあるものにしたいんですよね。

 

仕事は人生のすべてではないけど、大きな意味のあるもの。

 

でも、この考えは会社に愛があるか、または相当その職種が好きだから成り立つものだと感じました。

愛がなかったわたしは、この会社で働く意味がないことに気づいたんです。

関連記事  仕事は生きるための手段でもないし、目的でもない

ブログに出会った、世界は広かったことを思い出した

このままではいけないと、はじめたのが「ブログ」

副業禁止だったので趣味でやっているうちに、ブログで生活している人やフリーランスで生活している人がたくさんいることを知りました。

 

こんなにいろんな人がいるのか

わたしと同じ考えのひともたくさんいる

会社員以外にも働き方ってたくさんあるんだ!

 

世界が広かったことを忘れていました。

そこから「わたしに向いてる仕事や働き方ってなんだろう?」と考えはじめたんです。

関連記事 パフォーマンスを最大限発揮できない会社ならそこはあなたの居場所じゃない

わたしは挑戦を選んだ

自分の強みや向いてること、好きなことを考えた結果、退職をしてブログに挑戦することにしました。

この道を選んでよかったですし、後悔しないように考えていかなければとも思います。

もちろん今後、会社員に戻る可能性もありますが、そのときも自分を成長させるために「挑戦」できて好きになれる場所を選びます。

 

挑戦することは何歳になってもできます。

けど、独身でとくに守るものもない今はやっぱり動きやすいし、失敗しても大したことないと思うんです。

 

これからの時代は副業解禁などで個人に求められるスキルは高くなってくるし、視野が広くないと45歳でクビを切られる、なんてこともあると思います。

終身雇用の時代なんて終わってるわけですから。

 

わたしの会社は副業すらも禁止でした。

でもこれって会社で決められた範囲内でしか挑戦できないってことですよね。

他の世界を見られない、自分の手だけでお金を生み出す経験がないのはかなりリスクだと思います。

 

挑戦することは退職して新しいことをはじめるだけではなくて、いまの会社でできることもあります。

結局、自分が納得した環境で挑戦しつづけられることが個人にとっても会社にとってもいいことですよね。

もし、失敗がなかったら

もし、お金の心配がなかったら

もし、一週間後死ぬとしたら

いまの仕事をつづけますか?

この問いに自信を持って答えられるかがカギだと思います。

会社員かフリーランスかという話ではなく、今の仕事は自分に合っているのか?やっていて幸せか?それが一番大切なことです。

違うなら今が動き出す時です。ぼーっとしてて得られることはなにもありませんから。

 

あなたも大好きな仕事ができることを祈ってます!

合わせてCHECK

転職サイト 今すぐ転職するつもりがなくても転職サイトには登録しておくべき4つの理由 仕事がつまらないから転職はアリ!後悔しないために必要な1つのこと 大企業辞めたい 大企業を辞めたい人が知っておくべき現実|辞めた私が失ったもの