第二新卒おすすめ転職サイト3選

一人暮らしの食費節約術!1万5千円に抑える具体的な方法

一人暮らしでの食費節約術

一人暮らしでの食費、毎月いくら使っていますか?

なにも考えず使ってると、かんたんにお給料が吹き飛びますよね。

 

わたしは1万5千円と決めて節約生活をしています。

「1万5千円って少なすぎ!」と思うかもしれませんが、慣れればなんてことはありません。

本記事では一人暮らしにおける食費の節約術を紹介します!

食費節約の前に固定費の削減から始めよう!

固定費削減が貯金への最短ルート!月5万円を浮かせる節約術まとめ」で書きましたが、貯金への最短ルートは固定費を削減することです。

食費節約の前に固定費(家賃・スマホ・保険など)を削減できないか検討してみましょう!

一人暮らしにおける食費の平均値

一人暮らしの人はどれくらい食費にお金をかけているのでしょうか?

総務省統計局の家計調査によると、2017年度の単身者の食費は39,649円となっていました。

食費 全体平均 男性平均 女性平均
2017年 39,649円 45,298円 34,656円

食費は収入の15%ほどでやりくりするといいと言われています。

上記の食費4万円は、手取り26万円以上ないと「使いすぎ」ということになります。

 

あなたの食費は、自分の手取りの15%に収まっていますか?

各手取り額に対する食費の目安は以下にまとめました。

手取り額 食費
18万円 27,000~36,000円
25万円 37,500~50,000円
30万円 45,000~60,000円
35万円 52,500~70,000円

まずは自分がどれくらい使えるのか計算してみましょう!

一人暮らしの食費は1万5千円に節約できます

わたしは一人暮らしで手取り18万円なので、本来食費に3万円ほど使ってもいい計算にはなるのですが、1万5千円に抑える節約生活をしていました。

「1万5千円は外食も含めて?」と思われる方もいると思うので、前提を書いておきますね。

前提

  • わたしは「娯楽=友だちと飲み」なので、外食は娯楽費として別に予算を取っている
  • 外食(娯楽)は月に3~4回ほど
  • それ以外の食費を1万5千円以内に抑える形

外食でわーっと使いたいがために日々の食事は自炊をがんばることにしています!

1万5千円に抑える一人暮らしの食費節約術

ここからは具体的な一人暮らしの食費節約術5つを紹介します!

1万5千円を1日・1週間と細かく分けて考える

月に1万5千円使えるわけですが、予算は分割して考えることが大切です。

  • 1か月で使えるのは1万5千円
  • 1週間に使えるのは3,750円
  • 1日に使えるのは500円

こう考えると明らかに外食は無理ですよね。

なので食費を節約したいなら自炊は必須です。

 

でも1日500円ってきついじゃないですか・・・

しかも自炊となると、食材をその日にぜんぶ消費することってありませんよね。

にんじん半分残った、キャベツ1/4しか使わなかったとかよくあります。

そうなると1日単位で計算するのってめっちゃめんどくさいんです。

 

なのでわたしのおすすめは1週間3,750円に収まるようにうまく帳じりを合わせる方法

1週間で考えれば、食材が余っても次の日以降に使えばいいし、少し食費に余裕ができたからお菓子買っちゃおうとかできます。

節約を意識しつつ、ある程度適当にできるのでぜひやってみてください!

関連記事  一人暮らしの生活費内訳|都内在住の毎月かかる費用と貯金額

まとめ買いして1週間で冷蔵庫を空っぽにする

上記で「1週間3,750円に収まるようにうまく帳じりを合わせる」と書きました。

これをより分かりやすくする方法として、まとめ買いして1週間で冷蔵庫を空っぽにする仕組みがおすすめ。

帳じりを合わせやすいという理由の他にも、まとめ買いのメリットはたくさんあります。

  • 「あるもので作る」スキルがつく
  • 毎日スーパーに行くめんどくささが解決
  • 雨の日にスーパーに行くめんどくささが解決
  • スーパーに行く回数が減るから無駄遣いも減る
  • 残業したときは一刻も早く帰りたいので家に食材あると楽

節約としても仕事との両立としても、まとめ買いはとっても楽ですよ。

 

ただ、まとめ買いの唯一のデメリットはとにかく食材が重いこと!

1週間分を一気に買うので、とくに女性の一人暮らしでは厳しいです。腕がちぎれそうになります。

だからわたしが利用していたのはイトーヨーカドーのネットスーパー

お米やトイレットペーパーなど重くてかさばるものは本当に助かってます。

 

ネットでポチポチとカートに入れて、指定した時間に家で待つだけ。

当日配送もあるし、普通のスーパーのように広告の品も売っています。

食品だけではなく、生活用品や家電などもひと通り揃ってますよ。

まさにイトーヨーカドーをネットにいれた感じです!

 

使い方としては、土日の朝に受けとるのがおすすめ。

平日は残業でも土日の朝はゆっくりするじゃないですか。

午前中に届いた食材で午後にまとめておかずを作るとかもできますよ。

 

他のネットスーパーも使ってみましたが、商品数・食材の新鮮さ・大きさ・安さ・nanaco(ナナコ)が使えるなどを考えるとイトーヨーカドーネットスーパーが1番だと思ってます。

これは好みもあると思うので自分の好きなところを選んでみてくださいね!

安い食材を選ぶ

安い食材

  • 豆腐
  • 豆苗
  • 鶏胸肉
  • もやし
  • 油揚げ
  • パスタ
  • うどん
  • にんじん
  • たまねぎ
  • 鮭の切り身
  • キャベツor白菜
  • 大量パックのお肉 など

このあたりの食材を基本にして自炊すると、かなり安上がりできますよ。

自炊が基本だけど楽できないか考える

1万5千円に抑えるとなると基本的に自炊になります。

でも毎日しっかりおかず作るって、働いてると大変じゃないですか。

なので自炊の中でもなるべく楽できる方法がないか考えましょう!

  • ごはんはまとめて炊いて冷凍
  • 野菜は大量に切ってそれぞれ冷凍
  • おかずは土日に大量に作って冷凍
  • めんどくさい日はカップラーメン
  • 残業したときはおかずだけ買って帰る

お米を冷凍で常備する習慣は必ずつけておきましょう。米があればなんとでもなります。笑

キャベツは大量に切って冷凍しておけば、野菜炒めやスープなどかんたんにできます。

 

大事なのは完璧にやろうとしないこと。

自炊を基本としつつも、なるべく楽する方法を考えるのが大切です。

 

あと、安い食材をもっと安く買うために近所のスーパーを何軒もまわるとか、そういうのは挫折するし心が枯渇するのでやめた方がいいです。

数十円のために時間を使うくらいなら、空いた時間で副業でもしましょう!

ランチ・カフェ・お菓子・コンビニ・ペットボトルをやめる

  • ランチ
  • カフェ
  • お菓子
  • コンビニ
  • ペットボトル

1日単位で考えれば小さな金額でも、1か月で意外と大きな金額になっていることが多いこの5つ。

毎朝コーヒーを買ったり、仕事帰りにコンビニに寄ったり。

無駄遣いの習慣ができてませんか?

 

毎朝100円のコーヒーも、出勤20日買えば2,000円。

コーヒーを飲んだ後にペットボトル150円を買う習慣もあれば、あっという間に5,000円です。

 

ランチ・カフェ・お菓子・コンビニ・ペットボトルをやってると節約は難しいです。

せめて「1週間に1回だけ」など数を減らしましょう!

食費の節約に疲れた!どうしても外食したくなったら・・・

食費の節約をがんばっていると、たまに疲れたりもしますよね。

 

ごはんを作るのめんどいし、皿洗いもしたくない。

外食に行きたい!でもお金が・・・

 

そんなときにわたしがやってるのは、ミステリーショッパーです!

memo

ミステリーショッパーとは、客として飲食店などを覆面調査し、かんたんなアンケートに回答。お礼として謝礼がもらえるサービスです。

たとえば、居酒屋に行って3,000円分食べたら普通3,000円払って終わりですよね。

でもミステリーショッパーをすれば、謝礼として50%ポイントバックされるので実質1,500円しかかからない!というお得なサービス。

ポイントバックは案件によって変わるのですが、全額バックもわりとあります。つまりタダ飯ってことです!

もちろん登録無料で、ポイントはGポイントやAmazonギフト券などに交換できます。

 

お店は居酒屋から焼肉、ラーメン、カフェなど幅広くあるので自分の好きなところが選べます。

わたしが使っているファンくるは、飲食の他にもエステや美容室、脱毛などの美容サービスもあります!

もし気になっていたお店や受けたいサービスがあるなら、ミステリーショッパーで探してみた方がいいですよ。確実にお得です!

 

食費の節約は我慢ばっかりでは挫折の原因にもなりかねません。

こういったサービスをうまく利用してがんばりましょう!

お得に外食!

利用無料

合わせてCHECK

100万円貯金 一人暮らしでも楽に年100万円以上貯金できた3つの方法 違い お金が貯まらないのはなぜ?貯金できる人とできない人の決定的な違い Amazon 【コスパ最強】Amazonプライム会員ができること【サービス12個】