第二新卒おすすめ転職サイト3選

消費・浪費・投資の違いとは?お金が貯まる支出の黄金比率

支出

がんばってるのにちっともお金が貯まらない・・・

こんな方は、「消費」「浪費」「投資」の3つのバランスがうまく取れていないのかもしれません。

支出は「消費」「浪費」「投資」と3種類に分けられるんです。

 

会社を辞めたいがために年間100万円以上貯金したわたしですが、以前は超浪費家でした。

しかし「消費」「浪費」「投資」を知ってからは、前よりもきちんとお金について考えられるようになりました。

うまく貯金できない方は、投資だと思っていたものが浪費になっていた、なんてことがよくあるかと思います。

本記事では、貯金にかかせない「消費」「浪費」「投資」について詳しく解説していきますので、自分の支出を見直してみましょう!

本記事はこんな人におすすめ!
  • 貯金がちっとも貯まらない
  • 支出を分けて考えたことがなかった

「消費」「浪費」「投資」の違い

「消費」生活に必要なお金

住居費、水道光熱費、食費、衣類、日用品など

「消費」とは、生活する上で最低限必要なお金のことを言います。

つまり「使ったお金=価値」です。

消費は絶対に欠かせないものですが、消費という名目で無駄遣い(浪費)しているパターンはよくあります。

「浪費」最悪なくてもいいお金

飲み会、お酒やたばこ、お菓子、収入に見合わない高級ブランド服、高い家賃の家に住む、度を超えた買い物など

「浪費」は生活に必要のないお金のことで、「使ったお金>価値」です。

かんたんに言えば、無駄遣いのことです。

最悪なくても生きていけるこの浪費をいかに減らせるかが貯金の鍵となります!

「投資」将来の資産を増やすためのお金

貯金、投資信託、セミナー、習い事、本の購入、資格取得、人脈を築くための交際費など

「投資」とは、未来の自分の資産を増やすために今持っているお金を投下することです。

使ったお金<価値」になるもので、使ったお金以上の価値を将来の自分に生み出します。

「消費」「浪費」「投資」の具体例

「消費」「浪費」「投資」の違いを説明しましたが、「これは消費なのか浪費なのか・・・」と迷うこともあるかと思います。

そんなときは以下の具体例を参考にしてみてください。

▼安く大量買いした食材を使いきれずに腐らせた
使い切れれば「消費」ですが、腐らせてしまったのなら「浪費」です。

▼鍛えるためにジムを契約したけど全然行ってない
ちゃんと通えていないなら「投資」ではなく「浪費」です。

▼気に入って買った服があるけど、結局あまり着ずにタンスの奥底に眠っている
これは「消費(もしくはがんばるための投資?)」ですが、結果的にほとんど着る目的を果たさずに眠っているので「浪費」と言えるでしょう。

▼なにかあるたびにご褒美と称してコンビニスイーツを食べている
ここは悩ましいところですが、「投資」よりも「浪費」になってしまっていることも多いので見直しが必要です。

▼スキルアップのために本を買ったけど読んでない
お金を払っただけで身についてないので「投資」ではなく「浪費」です。

▼友達に誘われてなんとなくやっている習い事がある
付き合いでだらだらとやっているものは「投資」ではなく「浪費」です。

ポイント

投資と思っていたけど浪費だった・・・なんてことはよくあることで、貯金がある人もたくさん失敗しています。

大切なのは、使ったお金について振り返ることです!

「これは浪費ではなかったかな?」「自分に見合った買い物だったかな?」とくり返し考えることで、だんだん浪費が減って貯金額も増えていきますよ。

「消費・浪費・投資」の黄金比率

「消費・浪費・投資」の黄金比率は、以下のとおりです。

消費・浪費・投資

  • 消費:70%
  • 浪費:5%
  • 投資:25%

「消費・浪費・投資」手取り収入別支出バランス

上記の黄金比率をふまえて、手取り収入別に支出バランスを計算しました。

自分の手取りにあわせて見直してみてください!

▼手取り20万円の場合・・・

  • 消費:140,000円
  • 浪費:10,000円
  • 投資:50,000円

▼手取り25万円の場合・・・

  • 消費:175,000円
  • 浪費:12,500円
  • 投資:62,500円

▼手取り30万円の場合・・・

  • 消費:210,000円
  • 浪費:15,000円
  • 投資:75,000円

こう見ると「投資額が多くてむりー!」と思うかもしれませんが、最初は3万円などからはじめればOKです。

ちゃんみお

コツコツがんばりましょう!

 

ちなみに「一人暮らしの生活費内訳|都内在住の毎月かかる費用と貯金額」でわたしの一人暮らしでの生活費内訳を紹介しているので参考にしてみてください!

一人暮らしの生活費内訳|都内在住の毎月かかる費用と貯金額

「消費・浪費・投資」まとめ

貯金ができない方は、自分の支出を「消費」「浪費」「投資」に当てはめて見直してみてくださいね!

最初は浪費が多くて落ちこみますが、だんだん無駄遣いが減って、反対に投資(貯金額)が増えていきますよ♪

「本当に価値のあるもの」にお金を使っていきましょう!

関連記事 ≫一人暮らしでも年間100万円以上の貯金に成功した3つの方法