第二新卒おすすめ転職サイト3選

リップで荒れる原因と修復方法|ガサガサ皮むけ唇から脱却!

リップ

口紅が好きなのにしょっちゅう荒れる

リップクリームで保湿もちゃんとしてるのになんでー?!

リップで皮剥けしてどうにもならなくなるときってありますよね。

唇がガサガサだと他人からの印象も悪いですし、テンションもすごく下がります・・・

 

実は、唇が荒れてしまう原因は

  • リップクリームの使い方が間違っている
  • アレルギー症状を起こしている(自分に合ってない)

このどちらかです。

保湿方法が間違っているために、余計にガサガサ唇になっている可能性があります・・・!

 

今回は、ガサガサ皮むけの唇から脱却したいあなたに、リップで荒れる原因と修復方法を解説します!

本記事はこんな人におすすめ!
  • 唇がガサガサでどうしようもない
  • リップクリームを塗っても治らない

リップで荒れる2つの原因

リップクリームの使い方が間違っている

もともと唇は肌のうるおいを守る皮脂膜がないので、うるおいをキープすることができず、とても乾燥しやすい部分です。

リップケアを怠っていたり、唇をなめるクセがあると水分がどんどん蒸発してガサガサになってしまいます。

 

でも、わたししょっちゅうリップクリーム塗って保湿してるけど、どんどん皮むけしちゃうよ

という方。

そのリップクリームの使い方が間違っているかもしれません。

 

そもそも一般的な「薬用」「医薬部外品」と書かれたリップクリームは、荒れた部分に塗るものではありません!

荒れないように予防として塗るんです。

だからすでに唇が荒れてしまってる場合は「第3医薬品」と書かれたリップクリームに切り替えて、修復してあげる必要があります。

注意点

だからと言って常に「第3医薬品」と書かれたリップクリームを塗るのもNG!

「第3医薬品」はあくまでも薬です。

元気なときに風邪薬を飲まないように、荒れていないときに塗るのはやめましょう。

唇の状態にあわせて使い分けることが大切です。

タール色素入りのリップを使っている

赤リップに含まれていることが多いのですが「タール色素」という成分によって荒れてしまう人がいます。

「なぜか赤リップ(カラフルな色のリップ)は荒れる」「異様に荒れる口紅がある」という方はこちらを確認してみましょう。

 

口紅はおもにカラー顔料、ワックス、油分からできています。

このカラー顔料に含まれるタール色素という成分がアレルギーを引き起こすことがあります。

タール色素は「赤色202号」「青色2号」など、色+号数で表記されます。

もし異様に荒れる口紅がある場合は、その口紅のタール色素を調べてみるといいかもしれません。

ガサガサ皮むけ唇を修復する方法

原因が分かったところで、ガサガサ唇の修復方法を紹介します。

と言っても特別なことはありません。

 

上記で書いたように、

  • 皮むけしてしまった
  • 口角が切れてしまった
  • ひび割れで乾燥がひどい

こうなってしまったときは「第3医薬品」と書かれたリップクリームに切り替えましょう。

ガサガサに皮むけした唇は、はちみつだとかスクラブだとかのレベルを超えているので余計に荒れる可能性があります。

まずは薬を使って治すことが大切です。

 

ちなみにわたしが使っているのは、資生堂さんの「モアリップN」です。

「第3医薬品」と書かれたリップクリームで一番口コミがよかったのでこちらを使ってます。

夜塗って寝るだけでぷるっぷるになるのでおすすめです!

 

日中は仕事などできちんとケアできなくても、寝る前にしっかりやればOKです!

ガサガサ唇の修復方法

  1. クレンジングは丁寧に行う
  2. 寝る前に薬用リップをたっぷり唇にのせる
  3. 朝は口紅の下地として薬用リップを薄く塗る

クレンジングは、雑にやると落としきれなかったり、摩擦で唇が荒れる原因になります。

ゴシゴシこすらず、クレンジングでじんわりと落としましょう。

 

夜はオーバー気味に塗るのがポイントです!

口角にも忘れずに塗りましょう。

「リップで荒れる原因と修復方法」まとめ

自分の唇がなぜ荒れているのか特定することが大切です。

  • 自分に合っていない口紅を使っている
  • リップクリームの使い分けができていない

正しいケアをしてあげましょう!

【2e(ドゥーエ)日焼け止め】アトピー持ちの私が愛用しているノンケミカルの日焼け止め