第二新卒おすすめ転職サイト3選

お金が貯まらないのはなぜ?貯金できる人とできない人の決定的な違い

違い

わたしがうまく貯金できなかった当時、

ちゃんみお

お金が貯まらないのはなんでなの・・・貯金できる人とわたしってなにが違うんだろう?

と疑問に思っていました。

 

しかし1年で100万円以上の貯金に成功した今、貯金できる人とできない人に決定的な違いがあることに気づいたんです。

お金が貯まらないのは、あなたの考え方が貯金を遠ざけているかもしれません。

本記事では、貯金できる人とできない人の特徴を紹介します!

お金が貯まらないのは「貯金の目的がない」から

お金が貯まらない人は、自分の中に明確な目的がないまま貯金をはじめて、結果的に誘惑に負けてしまうことが多いです。

ちゃんみお

わたしは何度もこれをくり返していました・・・

 

自分はなんのために苦労して貯金をするのか?

はっきりと答えられますか?

 

明確な目的がないと「いま使っても大丈夫じゃないか?」「これ買ったら貯金しよう」と貯金が後回しになっていくんです。

世間体とか、なんとなく貯金ないとヤバイかなって思うから貯金しなきゃって思うけど、それは自分の意思じゃないから誘惑に負けてしまうんです。

貯金できない人

そして、この明確な目的がないまま貯金をすることの悪いところは、仮に貯金できたとしても終わりがないところです。

いくら貯めても満足できないし、なににお金をつかっていいのかもわからなくなっていきます。

そうすると「お金はあるのに幸せじゃない・・・」というよくわからないことになってしまいます。

 

一方、貯金できる人は、まずはじめに目的があって、それを達成するために行動していく傾向にあります。

貯金できる人

なにかを手に入れる目的があって貯金を始めれば、誘惑にも耐えられますし、達成したときの満足度もはねあがります。

 

目的を持って貯金をして一度うまくいくと、次も、そのまた次もうまくいくんです。

これは成功体験として残ることで、将来もうまく貯金ができてる自分が想像しやすいからです。

 

お金をうまく貯められると、貯金がつらいものから「貯金は楽しいもの」に変わっていきます。

貯金が楽しくなれば、勝手に吟味してお金を使うようにもなります。

  • 「無駄なことにお金はつかいたくない」
  • 「本当に自分がしあわせだと思えることに使おう」

貯金できる人は「体験」「経験」「投資」「本当に価値のあるモノ」にお金をつかうので、これによってまたいい循環がうまれて収入があがり貯金額も増えていきます。

 

なので、なんども貯金を試みて挫折してきた人は、もう一度自分がお金を貯める理由を考えてみましょう。

お金が貯まらない人の悪い習慣

お金が貯まらない人の悪い習慣も紹介します。

自分に当てはまってるものがないか確認してみてください。

お金が貯まらない人

  • 外食が好き
  • めんどくさがり
  • 衝動買いが多い
  • ブランドが好き
  • 流行りものが好き
  • 部屋にモノが多い
  • 派手な生活をしたい
  • 派手な生活をしたい
  • 給料日にお金を使う
  • あればあるだけ使う
  • 飲み会や遊びは断らない
  • 貯金と生活費は同じ口座
  • いつも給料日を待っている
  • 「うらやましい」と思われたい
  • 「来月から貯金する」が口ぐせ
  • 収入と支出のバランスがとれていない
  • 「今の自分に必要」と正当化して使う
  • 「お金が余ったら貯金しよう」と思う
  • 自分がなににお金を使ったかわからない
  • ATMからお金を一度にたくさん引き出す
  • タンスの奥にあまり着なかった服がある
  • いま財布にいくら入ってるかわからない
  • 正直「自分はなんとかなる」と思っている
  • 「貯金がないのは収入が低いからだ」と思う
  • 保険の種類や投資、年金のことをぜんぜん知らない

まだまだありそうですが、耳が痛い方も多いのではないでしょうか。笑

わたしが貯金ゼロのとき、これのほとんどに当てはまっていました。

貯金できる人の特徴

では、逆に貯金できる人はどんな思考回路なのでしょうか?

お金が貯まる人の特徴を見ていきましょう。

お金が貯まる人

  • 物欲があまりない
  • 部屋にモノが少ない
  • 貯金は先に取っておく
  • 他人からの誘いを断れる
  • ほとんど着ない服がない
  • 収入に合った暮らしができる
  • 貯金はなるべく早くはじめる
  • 収入をあげる方法を常に考える
  • 貯金と生活費は口座を分けている
  • お金は必要な分しか引き出さない
  • 行きたくない飲み会には行かない
  • 本当に気に入ったものしか買わない
  • なににお金を使ったか把握している
  • 先取り貯金して残った分で生活できる
  • 流行りよりも気に入ったものの方がいい
  • 「今の自分に必要?」と一歩踏みとどまれる
  • 保険の種類や投資、年金のことはある程度知っている
  • 飲み会や遊びは楽しそう、かつ、お金に余裕があれば行く
  • 最悪のシナリオを考えている(病気になって借金してetc)

以前はまったく貯金できなかったわたしですが、お金が貯まるようになってからはこんな風に考えるようになりました。

 

貯金できる人の特徴を見ると、リスクに備えることや多少めんどくさいことも含めてやっており、とても自律していることがわかります。

ちゃんみお

貯金できる人は自律性が高そう

目的を持って行動して、ときには我慢もして、達成していきます。

 

しかし、やみくもに我慢しているわけではなく、自分のお金をかけたいところとかけたくないところにメリハリをつけているんですよね。

メリハリをつけてお金をつかうことで、貯金できる体質になっていきます!

お金が貯まる方法と節約術

わたしも以前はまったくお金が貯まりませんでした。

しかし試行錯誤した結果、1年で100万円以上貯金することができたんです。

その方法と節約術は以下の記事に書いています。

合わせて参考にしてみてくださいね!

合わせてCHECK

100万円貯金 一人暮らしでも楽に年100万円以上貯金できた3つの方法 一人暮らしでの食費節約術 一人暮らしの食費節約術!1万5千円に抑える具体的な方法 biglobeモバイル biglobeモバイルにして年6万円の削減に成功!格安SIMで楽ちん貯金