第二新卒おすすめ転職サイト3選

biglobeモバイルにして年6万円の削減に成功!格安SIMで楽ちん貯金

biglobeモバイル

貯金のために格安SIMにして、なんだかんだ3年経ちました。

わたしは以前ソフトバンクで月々7,500円支払っていたのですが、biglobeモバイルに変えて2,500円に。

なので年6万円の削減に成功しました!

格安SIMに変えただけで6万円も浮くのは本当に驚きです。

ちまちま電気を消したり食費を浮かすより、固定費を削減した方が貯金は圧倒的に楽!

しかも貯まるのも早いのです。

 

本記事ではわたしが数ある格安SIMの中でbiglobeモバイルを選んだ理由や使ってみた難点、口コミを紹介していきます。

関連記事  固定費削減が貯金への最短ルート!月5万円を浮かせる節約術まとめ

わたしがbiglobeモバイルに決めた理由3つ

BIGLOBEモバイルはAタイプとDタイプの2種類から選ぶことができます。

AタイプとDタイプの違い

  • 回線が異なる
  • 使える端末(スマホ)が異なる

※料金はどちらを選んでも同じです。

Aタイプはau 4G LTE回線、DタイプはNTTドコモ回線になります。

回線が違うので場所によってつながりやすさが変わります。

 

また、端末によって使える回線が異なります。

格安SIM

自分が買おうとしている端末がどちらに対応しているのか必ず調べておきましょう。

 

わたしは最初の2年間はDタイプ、3年目からはAタイプに変えました。

体感的にはAタイプの方が回線が安定しているし、速いな~という印象です。

他の格安SIMより回線が速くて安定している

BIGLOBEモバイルは他の格安SIMより回線が速いです。

わたしは専門家ではありませんが、使っていて特別困ったり遅すぎてイライラすることもないので一般の方は普通に満足できるのではないかと思います。

キャンペーンが多い

BIGLOBEモバイルはお得なキャンペーンも多いです。

わたしが購入したときも端末代を割引してくれたりしました。

お得なのは貯金している身としては嬉しいですよね!

biglobeモバイルの難点

biglobeモバイルが悪いというより格安SIM全般に言えることなのですが、やはり12時~13時の間は回線が遅くなります。

ラインやSNSは普通に利用できますが、動画などは結構ストレスに感じるかもしれません。

なので、その時間に動画を見ない人、Wi-fiを利用できる人は問題ないでしょう。

biglobeモバイルの口コミ

BIGLOBEモバイルの口コミもまとめてみました。

biglobeモバイルの申し込みはネットからOK!

BIGLOBEモバイルは本人確認書類を用意して、ネットから申込OKです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類(住民票、公共料金領収書、戸籍)など

申込をするとSIMカードが自宅に届いて、すぐに利用することができます。

 

貯金には固定費の削減が必須です。

一度見直すだけで6万円も節約できるのでやらない手はないですよ。

楽にお金を貯めたいなら今すぐ格安SIMに変更しましょう!

お得なキャンペーン中!